置き換えダイエット
置き換えダイエットは、一日3度の食事のうちの1食を低カロリーの食事に変えて行うダイエット法です。

ダイエット食品として、シェイクや豆乳やおからを使って作ったクッキー、ジュース、ぞうすいやリゾットなどいろんな食品が販売されており、お店や通信販売で購入ができます。
ほとんどが100〜200キロカロリー前後の低カロリーに作られており、3食中の1食(またはおやつ)をこれらに置き換えることで1日の総摂取カロリーを抑えて痩せようというものです。

値段は1食分100円前後から1000円以上するものまであり、幅が広いです。

こういったダイエット食品を用いるのも良いですが、自分で作るのも安全安心で、経済的にもお得なのでおすすめです。

クッキーやぞうすいなら自分で作ることもできますし、手作りの野菜ジュースや栄養たっぷりの玄米のおむすびなどでも十分に代用できます。

また、バナナやキウイなどのフルーツで行う置き換えダイエットも手軽で人気があります。

気をつけなければいけないのは、1日3食のすべてをこういった低カロリーの食品にしてしまうことです。
特に急に総摂取カロリーを落としてしまうと、痩せるどころかリバウンドしやすい身体になってしまいます。
無理をするとあとでドカ食い…ということもありますので、ほどほどにすることが大切です。

また、少量の食事で済ませると食事で摂取する水分が通常の食事よりも不足することが多いので、お茶や水などで水分をたっぷりととりましょう。
お腹を満たして空腹感を紛らわすのにも適しており、一石二鳥です。
置き換えダイエット